コロちゃん先生

免疫って何?免疫を助けるためにできることは?

2020.4.27

イメージ画像

免疫って何?

外敵から体を守る優れた防御システム

コロちゃん先生

コロちゃん先生

「免疫」という言葉は、「疫(病気)」を「免れる」という意味で、そのはたらきをひと言で表すなら「体に入ってきた病原体や異物を排除するための生体防御システム」になるコロ。

病原体というのは、病気の原因になるウイルスや細菌のこと。この病原体と、毒物、アレルギーの原因になるほこりや花粉などのことを<抗原>と言うコロ。この<抗原>が体に入ってくると、免疫システムは標的として認識・反応して撃退する仕組みになっているコロ。

「自然免疫」と「獲得免疫」

ケロちゃん

ケロちゃん

そうなんだ! もっとくわしく知りたいケロ。

コロちゃん先生

コロちゃん先生

<抗原>を撃退する免疫の仕組みは、おおきく2つに分けて考えるとわかりやすいコロ。

1つ目が「自然免疫」といって、ヒトの体にもともと備わっているもの。外から入ってきた異物である<抗原>をやっつける仕組みだコロ。もう一つが「獲得免疫」というもの。獲得免疫は、ヒトが生まれてから生きていく中で出会った<抗原>を記憶する役割を担っていて、2回目以降は体に入ってこれないようにしたり、入ってきてもすぐにやっつけることができるようにしたりするコロ。この2つの仕組みは、連携してはたらいているコロ。

せきやくしゃみ、発熱も?

コロちゃん先生

コロちゃん先生

外から入ってくる<抗原>とじかに接するヒトの目・鼻・のど・腸などの部位は粘膜で覆われていて、この粘膜ではさまざまな免疫細胞がはたらいているコロ。

せきやくしゃみ、鼻水、おなかを壊すといった症状は、こうした<抗原>を体の外に出すために現れることがあるコロ。かぜや病気で熱が出るのも、免疫細胞の活動を活発にしたり、熱に弱い病原体(抗原)を弱らせたりするための反応なんだ。

免疫細胞は全身に存在している

ケロちゃん

ケロちゃん

なるほどー。<抗原>をやっつける免疫細胞は粘膜にしかいないの?

コロちゃん先生

コロちゃん先生

そんなことはないコロ。免疫細胞は体のあちこちにいて、役割によって種類もさまざま。多くの免疫細胞は、骨髄で作られたあとに、血液やリンパ液にのって体のすみずみまでパトロールしながら、さまざまな<抗原>を排除しているんだコロ。

免疫細胞の華麗な連携プレイ

コロちゃん先生

コロちゃん先生

<抗原>を撃退する仕組みを、簡単な例で説明するコロ。<抗原>が体に入ってくると最初に活躍するのが、白血球の一種の「マクロファージ」。これは体内に侵入してきた<抗原>を真っ先に見つけて、攻撃したり、自分の体に取り込んで消化・分解して排除したりするので、「貪食細胞」とも呼ばれるコロ。これが「自然免疫」。

イメージ画像
ケロちゃん

ケロちゃん

「マクロファージ」は聞いたことあるケロ!

コロちゃん先生

コロちゃん先生

その「マクロファージ」は、取り込んで分解した<抗原>の一部を「こんな敵がきたよ」という情報として、「ヘルパーT細胞」という、指揮官のような役割をもつ免疫細胞に渡すよ。この情報をもとに、「ヘルパーT細胞」が攻撃部隊の細胞に指示を出すんだ。攻撃部隊には、ウイルスや細菌などの<抗原>に感染してしまった自分の細胞を壊す「キラーT細胞」や、ウイルスや細菌などの弱点を攻撃する武器になる<抗体>を作って、集中攻撃をあびせて撃退する「B細胞」なんかがいるコロ。

イメージ画像
コロちゃん先生

コロちゃん先生

こうした指示系統とは別に、独自の判断で<抗原>を見つけ出して、<抗原>を撃退するのが自然免疫の一種である「ナチュラルキラー細胞」。ウイルスに感染した自分の細胞や、がん細胞をやっつける免疫細胞として活躍しているコロ。

ケロちゃん

ケロちゃん

そんなに…そんなに熱い戦いが体内で繰り広げられていたなんて…。

コロちゃん先生

コロちゃん先生

「B細胞」によって<抗体>が作られると、その情報は体に記憶されるコロ。だから2回目に同じ<抗原>が入ってきても、素早く、効率良く撃退することで発症しないか、発症しても軽く済むんだ。この、「免疫細胞が記憶した<抗原>の情報を基に作戦を立てて攻撃・排除する仕組み」が「獲得免疫」なんだコロ。

ケロちゃん

ケロちゃん

なるほどー。

コロちゃん先生

コロちゃん先生

ちなみに、<抗体>を作る「獲得免疫」の仕組みが備わっているのは、魚類・両生類・は虫類・鳥類・哺乳類といった脊椎動物だけ。だからケロちゃんも安心していいコロ。

ケロちゃん

ケロちゃん

ほっ。

コロちゃん先生

コロちゃん先生

さらに、この「獲得免疫」の仕組みを応用しているのが「ワクチン」で、病気にかかってつらい思いをしなくても、病気を防ぐことができる、すぐれた感染症予防対策なんだ。だからケロちゃんも怖がらずに受けるといいコロ。

ケロちゃん

ケロちゃん

注射は苦手だけど…がんばるケロ。

免疫を助けるためにできることは?

基本が大事! 睡眠と栄養、そして手洗い!

ケロちゃん

ケロちゃん

「病気に負けないように免疫力を高めましょう」とか、「免疫力アップにはこの食材がおすすめ!」みたいな話をよく聞くけど、何がほんとに役に立つのかわからないケロ…。

コロちゃん先生

コロちゃん先生

免疫のはたらきは、弱まりすぎても、強まりすぎても良くなくて、体全体にかかわる仕組みとしてバランスよく機能しているかどうかが大切。だから「免疫力が高いかどうか」を測ることはできないし、これを食べれば大丈夫!と言い切れるものもないんだ。免疫のはたらきを助けるためにいちばん大切なのは、「生活の基本」をしっかり守ることコロ。

免疫のはたらきは、生命活動を維持している「自律神経」に左右されるコロ。起きて活動しているときには交感神経が優位になり、横になってリラックスしているときには副交感神経が優位になるコロ。免疫細胞は、交感神経が緊張した状態が続くと、病原体に感染しやすい状態になってしまうと言われているコロ。だから、毎日しっかり睡眠を取ることと、疲れたときや体調を崩したときは無理せず、すぐに休むことが大事だよ。

ケロちゃん

ケロちゃん

ケロちゃんも、「基本」を忘れないでがんばるケロ。

コロちゃん先生

コロちゃん先生

それから、免疫がはたらくために必要な栄養素をきちんと摂ることも大切だコロ。免疫細胞や抗体は、たんぱく質でできているコロ。さらに、亜鉛やビタミン類が不足すると「T細胞」や「B細胞」を増やすことができないと言われているよ。だから、たんぱく質、ビタミン、ミネラルといった栄養素を、バランス良く摂るといいコロ。

それから、ウイルスや細菌といった<抗原>は、目や口、鼻から侵入することが多いコロ。だから汚れた手で顔を触らない、食事の前に手を洗う習慣を身につけることも大切。外出先から帰ったときや食事の前、手が汚れたときは、石けんを使って指先から手の甲、手首までよく洗ってから流水ですすいで、水気をしっかり拭き取るといいコロ!

↑ページの先頭へ