花粉指数

花粉症の予防

花粉を避ける方法

花粉症を防ぐために大切なことは、なるべく花粉に接しないことです。
大量の花粉を吸い込むと、体が花粉に対する抗体を産生する可能性が高くなります。

花粉の吸い込む量を減らすことで、症状が出るのを予防できます。また発症後でも、つらい症状を軽減させるには、予防を行い、花粉をできるだけ避けることが重要です。

花粉を避ける方法

マスクの着用

マスクの着用は、吸い込む花粉を減らし、鼻の症状を軽くする効果があります。
また、花粉症でない人も、吸い込む花粉の量を少なくすることで、花粉症の発症を抑えることが期待できます。
マスクの使用方法として、同じマスクを使い続けるのではなく、こまめに取り替えることが大切です。

マスクの着用

メガネの着用

着用に違和感のない花粉症用メガネも販売されていますが、通常のメガネ使用だけでもメガネを使用していないときより眼に入る花粉量は減少します。

メガネの着用

花粉がつきにくい服装

花粉飛散季節中の外出時の服装はウールの衣類は避けたほうがよいでしょう。
ポリエステルなどの化学繊維のもの、または綿素材には花粉が付着しにくく、付着した花粉を吸い込む量を減らすことが期待されます。

また人間のからだで花粉が付着しやすいのは露出している頭と顔ですが、帽子をかぶることで頭への花粉の付着量を減らすことが可能です。

花粉がつきにくい服装

花粉を家に持ち込まない

花粉を家の中に入れない工夫をしましょう。
外出時には、体や衣服にたくさんの花粉が付着します。
帰宅したら、家に入る前に玄関先でついた花粉を払い落としましょう。
これは外に干した洗濯物も同じこと。
取り入れる前に、はたきましょう。

花粉を家に持ち込まない

うがい

鼻の粘膜には線毛があり、粘膜の上の異物を輸送します。
うがいは、のどに流れた花粉を除去するのに効果があります。
外出から帰ってきたら、かぜの予防にもなりますので、うがいをしましょう。
もちろん手あらいも合わせて行いましょう!

うがい

花粉指数

12月13日 甲府
花粉指数
00
指数
--
コメント
-
ケロコロアドバイス

ごめんね。花粉指数のデータがまだ届いてないんだ。
またしばらくしたら見にきてね!