かぜひき指数

かぜのときの薬の選び方

1.症状から選ぶ

かぜにはいくつもの症状があります。
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、悪寒、発熱、頭痛、のどの痛み、せき、たん、関節の痛み、筋肉の痛みなどの症状がでてきます。

かぜは医学的には、「かぜ症候群」と呼ばれ、ひとつの病気ではなく多くの原因でおこる症候群です。

鼻みず、せき、熱などのかぜの諸症状がでてしまったとき、そんなときに役に立つのが「総合かぜ薬」です。
家庭にひとつ常備薬としてあると、いざというときに便利です。

総合かぜ薬

かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、せき、たん、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、関節の痛み、筋肉の痛み)を緩和します。


かぜの各種症状が絞り込める場合には不快に感じる症状にあわせて、お薬を選ぶこともできます。

かぜのひきはじめの寒け、発熱、身体のふしぶしの痛み

漢方製剤 麻黄湯

  • コルゲンコーワ液体かぜ薬

    かぜのひきはじめの寒け・発熱、ふしぶしの痛みに効きます。

  • かぜのひきはじめの寒け・発熱、ふしぶしの痛み
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり

鼻炎用内服薬

のどの痛み、のどあれ/のどがムズムズ・イガイガするとき

口腔咽頭薬

  • 新コルゲンコーワトローチ

    単にノドの炎症をおさえるだけでなく、炎症が悪化しないようにします。

  • フィニッシュコーワ

    殺菌・消毒成分を患部に直接噴射してノドの不快な症状を治します。

  • のどの痛み、のどあれ/のどがムズムズ・イガイガするとき

うがい薬

  • 新コルゲンコーワ うがいぐすり「ワンプッシュ」

    主成分の殺菌・消毒成分がノドに炎症を起こすバイ菌を直接退治して、ノドを正常な状態に保ってくれます。

  • 主成分の殺菌・消毒成分がノドに炎症を起こすバイ菌を直接退治
くしゃみ、鼻みず、鼻づまり

鎮咳去痰薬

  • コルゲンコーワ 咳止め透明カプセル

    服用するとせきがいつのまにかおさまり、たんのきれがよくなって、のどや気管支の状態が正常になっていきます。

  • コルゲンコーワ咳止め液

    お子様からお年寄りの方まで大変のみやすい、効きめのすぐれた透明のせき止め液です。

  • くしゃみ、鼻みず、鼻づまり

2.かぜの発症時期から選ぶ

かぜのひきはじめか、症状がでてつらいのか時期にあわせてかぜ薬を選ぶこともできます。

かぜのひきはじめ

コルゲンコーワ液体かぜ薬

かぜのひきはじめの「ゾクゾクするような寒気、発熱、頭痛、身体のふしぶしの痛み」には漢方薬の麻黄湯がお勧めです。
服用すると発汗と解熱を促し、かぜの初期症状に効果的に働きます。
また眠くなる成分を含んでおりません。

かぜの諸症状がでてつらい

コルゲンコーワIB透明カプセル

服用すると、いち早く溶け出し、液状イブプロフェンがのどの痛みや発熱などに効きめをあらわすとともに、溶かし込んだ各成分が働いて、かぜのつらい諸症状がやわらぎ、体がラクになってまいります。

最後に

かぜの症状が発病して3、4日経っても熱が一向に下らず、あるいは逆に高くなってゆく傾向があったり、せきが長引いてよくならない場合は他の病気を疑いましょう。
また高い発熱(38度以上)の場合はインフルエンザの疑いも考えられますのでその場合はすぐに病院にいきましょう。

高い発熱の場合はすぐに病院へ

かぜひき指数

01月21日 東京
かぜひき指数
80
指数
80
コメント
警戒
ケロコロアドバイス

今日は、お外に出かけるときには、かぜをひいている人からかぜウイルスをもらわないためにもマスクつけてかぜ予防をしようね!