かぜひき指数

かぜ予防にうがいと手あらい

うがいについて

のども手と同じように外の空気に直接さらされる部分です。
本来のど粘膜には、体外にウイルスを排除する機能をもっています。
のどの粘膜が乾燥したり ウイルスが付着すると本来の機能を維持できなくなります。

うがいをすることにより、のどの粘膜を正常に保ち、また粘液に水分を与え、のどの粘膜の抵抗力を低下させない効果があります。
またウイルスを殺す作用を持つうがい薬によるうがいはさらに効果が期待できます。

うがいについて

うがいの仕方(うがい薬を用いた場合)
  • コップに適量の水を入れ、うがい薬をうすめます。
  • 口の中の菌をあらい流すために水を口に含んで、強めにブクブクして吐き出す。
  • 口の奥の菌をあらい流すために、天井を向いて15秒くらいのどの奥までガラガラして吐き出す。
  • もう一度ガラガラを繰り返す。

うがいの仕方(うがい薬を用いた場合)

手あらいについて

私たちの手には、たくさんのウイルスや細菌が付着しています。
かぜのウイルスの中には、手や指を介して鼻へ入っていくものがあります。
自分の指で鼻にウイルスを運んでしまわないためにも積極的に手あらいをして、かぜの予防をしましょう。

積極的に手あらいをして、かぜの予防をしましょう。

手あらいの仕方
  • 手を水で濡らし石鹸をよく泡立てます。
  • 手の甲、手のひらから、親指、指の付け根、指と指の間をていねいにあらっていきます。
  • 爪の隙間を注意してあらいます。
  • さらに10秒から15秒もみあらいをします。
    この作業が手についた細菌等をあらい流すのに効果的です。
  • 流水でよくあらい流し、キレイなタオルで手を拭き乾かします。
    ここで完全に水気をふき取ることが大切です。

手あらいの仕方

かぜひき指数

01月21日 東京
かぜひき指数
80
指数
80
コメント
警戒
ケロコロアドバイス

今日は、お外に出かけるときには、かぜをひいている人からかぜウイルスをもらわないためにもマスクつけてかぜ予防をしようね!